消費者金融の審査時間は平均最短30分!

急いでお金を借りたい時、消費者金融の審査時間の短さは安心感を高めてくれますよ。消費者金融の平均審査時間は、最短で30分借りたいと思ったその日のうちに借入まで進められる可能性がとても高いです。

 

もちろん急いでいない時にも審査時間の短さは、カードローンやキャッシングを利用したい方にとってメリットがあります。

 

審査結果が分かるまでの時間は、とても不安になりますよね。お金のピンチというだけでも、気持ちはとても焦ります。そこでさらに借りられるかどうかもわからないと、心配になってしまうでしょう。

 

消費者金融のように審査時間が短いと、とにかく結果を早く知ることができます。

その後契約などにかかる時間もありますが、ひとまず借りられるという安心を得られるだけでも気持ちはまったく違うのではないでしょうか。

 

最近でもネット申し込みの際、審査対応時間内なら入力が終わった段階で、結果が表示される消費者金融などもありますね。また、簡易審査やクイック審査など少ない項目で借入可かどうかを知る方法を、とりあえず利用してみてもよいでしょう。申し込み時の不安を減らせる材料があるのは、消費者金融の良い点といえますね。

 

消費者金融の短い審査は、借入を希望する方どなたにとっても、頼れる存在になりますね。ただ、申し込む時間帯や曜日によっては、審査完了後そのまま借入できないこともあります。審査時間や審査過程にプラスして、借入までの手順をしっかり確かめておきましょう。

 

どうして消費者金融の審査時間は短い?

 

消費者金融の審査時間、とっても短いですが、なぜこのように早く審査が完了するのでしょうか。審査時間が短い理由は、まさに消費者金融だからこそといえる点が挙げられます。

 

銀行は貸し付けだけでなく、投資など様々な金融商品を扱っています。また貸し付けでも、これまでは事業性資金や個人の申し込みなら住宅ローンなど大きな金額となるものが多かったのです。つまり、時間をかけた審査を銀行は得意とするものですが、できるだけ早く借りたい申し込み者への対応は苦手としていた部分なのです。

 

この点消費者金融は、個人向けの融資のみを行っているところがほとんどです。一部ビジネスローンを扱っている消費者金融もありますが、総じて借入する額は銀行よりも低めのことが多いでしょう。金融商品としてバラつきが少ないことで、同じ審査体系を活用してすばやく審査を済ませてしまうことができるのです。

 

申し込み者の属性と呼ばれる年収や勤務先、勤続年数などの項目から、貸し付け可能な額を判断することも、とてもスピーディーになっています。すばやく審査するノウハウを持っているため、審査時間は当然短いというわけですね。

 

消費者金融は以前から、審査時間が短いところと考えられていました。急なピンチに対応しやすい金融機関というわけです。現在はサービスをさらに充実させているため、申し込み者のできるだけ早く借りたいという希望にも対応させられるようになっています。

 

お金を借りたい時、急いでいるならまず消費者金融を申し込み先の候補に挙げることをおすすめします。

 

審査時間が短いのは通りやすい審査ということ?

消費者金融は審査時間がとても短いことから、「審査が甘いのでは?」といったことや「簡単に通るのでは?」と考えてしまっていませんか。審査時間がいくら短いといっても、消費者金融がもともと決めている基準をクリアしなければ、審査には通りません。

 

審査にかかる時間が短いといっても、この点をあいまいにしているわけではないのです。つまり、審査が甘いから時間が短いのではなく、決まった項目を審査する時間が短いということになるでしょう。消費者金融は審査をすばやく完了させられるノウハウがあるため、審査にかかる時間が短いわけです。

 

ただ、消費者金融の審査の通りやすさは気になる点ですね。実際審査通過率が公表されると、40%程度のところが多く、50%には満たないのが実状です。ということは、通過率の高い消費者金融を選んで申し込んだとしても、半数の方は審査に通らないわけですね。

 

申し込み前に必ず借りたいと思っていると、審査の甘さがとても気になります。しかし、審査の甘さを知る方法はないことに気を付けておきましょう。審査通過率が高い消費者金融でも、申し込み者が基準を満たしていないと、借りられるようにはならないのです。

 

審査時間を、審査の厳しさを判断する目安とすることは難しいでしょう。特に消費者金融はいずれも最短審査時間は30分程度となっており、大きく相違がありません。申し込み時には審査に着目して消費者金融選びをするよりも、使いやすさなどを確認して選んだほうがよいでしょう。

 

審査後の借入まで考えておこう

消費者金融の申し込みでは、審査後の借入まで考えておきましょう。審査が終われば、それだけで借りられるというわけではないからです。借入までに必要なステップには、勤務先への在籍確認、書類提出や契約などがあります。

 

在籍確認では申し込みフォームなどに記載した勤務先に、本当に勤務しているかどうかを確かめます。消費者金融の申込条件である、安定した本人収入があることの裏付けを取るわけですね。

 

在籍確認をするタイミングは消費者金融によって違います。

仮審査後に行う場合、本審査終了後に行う場合、本審査終了後に借入の意志確認をしてから行う場合などです。

 

書類提出は、本人確認書類や収入証明書類を準備して行います。消費者金融ではアプリの利用やアップロードによる提出など、便利で時間もかからない方法が準備してあることも多いです。これもいつ提出するのか、タイミングは消費者金融によって違っていることもあります。早めに書類は準備しておいたほうがよいですが、提出の時期は確認しておきましょう。

 

契約自体の手続きは、契約書に記入して返済する方法はどうしても日数がかかることになります。契約内容だけ先に承認しておけば、借りられるようになる所も多いです。書類はその後返送というものです。あるいは書類レスで契約を完了させられる消費者金融もあります。できるだけ早く借りたいなら、この点も大切なことでしょう。

 

審査から借入までの一連の流れは、難しいものではありません。ただ、どのように行うのか確認しておいたほうが、借入までの時間短縮につながることも多いです。消費者金融での違いを把握しておきましょう。