銀行カードローンと消費者金融の審査での違い

銀行カードローンと消費者金融の審査には違いがあるのでしょうか。銀行のローン審査は、とにかく厳しいと考えられています。審査に日数を要する銀行ローンが目に付くため、銀行のほうが消費者金融より厳しいと思っている方も多いでしょう。

 

審査での最大の違いは、銀行は保証会社との2つの審査が行われるという点です。

 

銀行だけでなく、保証会社も審査します。審査が多いから時間がかかるのだと思ってしまいますね。しかし、銀行は個人向け融資で審査することを得意としていません。仮審査、一次段階の審査をまず保証会社が行うことで、審査にかかる時間を短くしているのです。

 

よく見ると、銀行カードローンでは保証会社はローン説明書などに記載されていることがほとんどです。SMBCコンシューマーファイナンスなどの消費者金融の場合、オリエントコーポレーションなどの信販会社やクレジット会社の場合、あまり聞いたことがない銀行独自の保証会社の場合など様々です。

 

消費者金融が保証会社なら、全体的に審査時間は短い傾向にあります。ですが、借入までの時間も短いと断定できない点にも注意が必要です。契約の方法が違うからです。

 

銀行は審査にかかる時間が長いものが多いから厳しい、消費者金融が甘いと判断することはできません。それぞれの審査には違いがあるということは分かっても、基準を把握することは難しいのです。

 

それぞれカードローンの審査が違うことがわかっても、比較できません。申し込み時には銀行だけと限定してしまわず、消費者金融にも分散させて審査を受けることをおすすめします。