消費者金融審査と金利の関係性

消費者金融の審査と金利には関係があります。消費者金融を利用する際、金利に幅がある時、適用金利は審査によって決まるのです。

 

低い金利設定で利用できるほど、その申し込み者は信用度が高いということになります。逆に高いほうの金利が適用されると、信用度は低いわけです。

 

これには限度額も関連しており、大きな限度額が利用できるということは、当然信用度が高いのです。多くのカードローンは、限度額が上がるにつれて金利は下がるようになっていますね。

 

ただ、信用度というのは収入などの属性からだけでなく、利用状況なども大きく関わります。利用状況とは、きちんと返済しているかが重視されますが、意外とローンやキャッシングを利用しているかどうかも重要なのです。

 

限度額を増額したいと希望していても、それまであまり借りていなければ、限度額をアップする必要がないとみなされてしまうでしょう。

 

利用状況が重要なので、消費者金融に申し込んだ当初は、まず最高金利からスタートするケースが多くなります。きちんと返済するかどうかの判断を金融機関ができると、信用度は自然と高くなるわけですね。

 

限度額増額は、一定期間経つと消費者金融から案内受けることもあります。また利用している方から増額を申し込むこともあるでしょう。いずれにしても、増額には審査が行われます。審査に通らないと増額ができないわけですね。消費者金融から増額を勧められても、審査には通らないこともあります。

 

消費者金融の申し込み前には、予測される金利に基づいてシミュレーションを行いましょう。予定よりも高い金利が審査で決定した場合は、シミュレーションの見直しを忘れないようにしましょう。